丼や麺も弁当で!口コミで人気の弁当箱人気オススメ8選!

最近SNSや口コミで、オシャレなお弁当を持っている人がとっても多いです。


そんなお弁当派の人が今注目しているのが、丼や麺を入れることができるお弁当箱です。


お弁当と言えばご飯を入れておかずを入れて、、

が定番ですが、毎日同じはワンパターンになりがちだし、メニューも偏りがちですよね。


そんな時に便利なのが丼型のお弁当箱です。


今回は丼型のお弁当の中でも、口コミで人気の人気オススメを紹介します。

スポンサーリンク

丼や麺も弁当で!口コミで人気の弁当箱人気オススメ紹介!




お弁当と言えば四角い形で、ご飯とおかずを詰める、、

これが当たり前かと思っていましたが、最近では形も種類もとてもバラエティに富んだお弁当がたくさん登場しています。


そして今特に注目されているのが、丼型のお弁当箱です。


丼だけでなく麺もそのまま入れられるものがあるので、

毎日のお弁当も楽しくなっちゃいますよね。


ただ丼型のお弁当が欲しいと思った時に気になるのが、何を基準に選べばいいのかな?ということ。


大きさも色々だし、汁が漏れても困るし、、

では、丼型のお弁当を選ぶ時にはどんなことに注意したらよいのでしょうか。

丼型のお弁当箱を選ぶ時のポイントは?


丼型のお弁当を選ぶ時にまず見てほしいのが、容量です。


大体ランチに持っていくお弁当としては、700~900mlのものが多いです。


お弁当を食べる人に合った容量を選びましょう。


男性なら少し大きめでもいいですが、女性の場合はあまり容量が多いと大きい丼弁当になってしまいますので、

ほどほどが良いでしょう。


またご飯の上におかずを乗せるのに抵抗があったり、ご飯がベチャッとなるのが嫌な方は、

お弁当箱の中が2段に分かれているものが良いです。


弁当箱が2段に分かれていることでご飯を下段に、上段に具を入れて、

食べるときに乗せるという便利な方法ができます。


また冷やし中華などの具材がある麺類でも、下段に麺、上段に具を入れれば食べる時に混ぜることができ、

よりおいしく食べることができます。


2段に分かれているものなら麺類でも気軽に持ち運ぶことができますね。


最近では丼型のお弁当がとても人気なので、オシャレなものや多機能のものがたくさん登場しています。


そこで口コミでも人気のオススメ丼弁当箱を紹介します。

スポンサーリンク

丼や麺も弁当で!口コミで人気の弁当箱人気オススメ8選!

1.どんぶり & 麺 弁当箱「マツコの知らない世界」で紹介! デリカタス 弁当箱


こちらは「マツコの知らない世界」で紹介されとても人気になった丼弁当です。

上段は具材を分けて保存し食べる直前に乗せれるし、

密閉性の高いフタのおかげで汁物も問題なく入れる事ができます。

保温・保冷はもちろん、容量は785mlで大きすぎず小さすぎずのちょうど良い量。

カラーも豊富でコロンとした丸いフォルムがかわいいと人気です。

2.弁当箱 どんぶり Mon mode ランチボウル 花


上蓋が弁当箱本体をしっかり固定するので、カレーやシチュー、牛丼、中華丼など丼ものメニューにピッタリ。

上に具、下に麺を入れてつゆはペットボトルに入れて持っていけば、冷やし中華などの麺類だってOK!

アイデア次第でお弁当のメニューのバリエーションがどんどん増えますね。

さらに、上ぶたを外せば電子レンジで温めることも食洗機で洗うことも出来るスグレモノです。

3.ランチジャー 保温 弁当箱 ほかどん どんぶり ステンレス


真空二重構造なので炊きたてのご飯とおかずを入れて出かければ、ランチタイムまであたたかさをキープします。

容量がちょうど良いので、その日の気分で通常のお弁当メニューにも、どんぶりランチにも使い分けができるサイズです。

ご飯と具材を分けておけるので、ランチタイムにご飯に具材を乗せれば丼ぶり弁当のできあがり!

あたたかいメニューだけでなく冷やし中華や冷静パスタなどの冷たい麺料理にもおススメです。

4.SEE ランチボウル ライトブラウン 電子レンジ・食洗機対応


ご飯とおかずは別々に詰めるので味移りすることがなく、

レンジ対応なのでああ溜めて出来立てのような美味しいお弁当を食べることができます。

ランチボウルなら色々なメニューを素早く詰めることができ、

お弁当のバリエーションも広がりますね。

シンプルで高級感のある見た目も人気のお弁当箱です。

5.カフェ丼ランチボックス 風 PDN9

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カフェ丼ランチボックス 風 PDN9(1コ入)
価格:1178円(税込、送料別) (2018/6/10時点)


中が2段に分かれているので、食べる時に具材を乗せて美味しく食べることができます。

汁漏れ防止のパッキンがあるので、麺類でも気軽に楽しめます。

持ち運びしやすい持ち手つき、フタを外せば電子レンジもOKです。

6.キャリーランチボウルフラット


ご飯と具材を別々に詰められるので、食べる直前の一番美味しい状態で丼物が楽しめます。

パスタや素麺などの麺類もOK。

お弁当のバリエーションが広がりますね。

7.カフェ丼ランチボックス てまりうさぎ


丼もの・汁気の多い具材・パスタや麺類など、今までお弁当には作れなかったものもカフェ風ランチボックスなら気軽に作ることができます。

本体にご飯や麺を入れ、中容器に具材を入れます(本体に入るご飯の量は約1.6杯、お茶碗1杯は約200mlです)

中ブタは、指がかけやすく開けやすい形状で、汁もれ防止のパッキン付き。

フタには運びやすい持ち手が付いており、また、持ち運びに便利な巾着袋がセットなのも嬉しいですね。

8.ランチボウル Palette 


丼などの丼ものやオムライス、カレー、パスタなどのソースや汁気のあるメニューでもお弁当として持っていくことができます。

丼のあんや、パスタのソース、麺の具などを分けて入れられるから、ご飯や麺類がベタッとせずに美味しく食べることが出来ます。

また電子レンジOKだから温めなおして作りたての美味しさを味わうことができるのです。

おわりに


いかがでしたか?


丼や麺類をお弁当箱で持っていくことができたら、毎日のお弁当のバリエーションも広がり、

楽しく美味しく食べることができるんですね。


あなたも是非購入してみてはいかがですか^^?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。