【七五三】3歳の草履の選び方とバッグのセットオススメ8選!

子供の成長をお祝いする伝統行事である、七五三。


着物は揃えたけど、肝心の草履やバッグを忘れてた!

なんて方が少なくありません。


しかし気をつけたもらいたいのが、子供用の草履です。


特に3歳で初めて草履をはく子もたくさんいます。


せっかくきれいな着物を着ているのに、草履を嫌がって機嫌が悪くなってしまった、、

足を痛がって草履をはいてくれない、、

草履とバッグを別々に買ったら着物に合っていなかった、、

何を選べばいいのか分からない、、!

そんな困ったことにならないように、七五三の草履やバッグは慎重に選ぶ必要があります。


そこで今回は、3歳の七五三で活躍する草履やバッグのセットを紹介します。

スポンサーリンク

【七五三】3歳の草履の選び方とバッグのセットオススメは?




七五三で子供が履く草履。


小さい草履は眺めるだけでとてもかわいくて、

色んな草履を履かせてみたくなりますよね。


しかし3歳の場合は、七五三で初めて草履を履く子供が少なくありません。


そのため草履は普段履いてる靴とは違い、鼻緒もありとても窮屈に感じたり、

足の痛みを訴えることが多いです。


せっかくの七五三なのに、草履が原因で機嫌が悪くなったり

嫌がってしまっては困りますよね。


では、草履を選ぶ時はどんなことに気をつけて選べばいいのでしょうか。

【七五三】の草履の選び方とは?


一般的に大人が草履を履く時は、足のサイズより少し小さめにする方が良いと言われています。


その理由は、かかとが草履から出るくらいが足がキレイに見えてバランスが良いとされているためです。


しかしこれは大人に限ったことであり、

子供の場合は見た目の美しさよりも履きやすさが重要です。


大人は多少痛くても我慢しますが、子供はそうはいきませんからね。


そのため、七五三で草履を選ぶ時は普段履く靴よりも1~2cm大きめを選ぶ方が良いです。


草履には鼻緒があるので、足の指が窮屈で痛くなってしまいます。


足の幅が広かったり、足の甲が高い子供だと3~4cm大きめのサイズでも良い場合もあるようです。


大人でも草履は履き慣れない方が多く、靴擦れしやすいですよね。


子供の場合は我慢するのが難しかったり、痛くても気付かない子もいるので

大人がしっかり見てあげることが大切です。


あらかじめ大きめの草履を選び、事前に鼻緒の部分を伸ばしておくのも良いですね。

【七五三】3歳の草履の選び方とバッグのセットオススメ8選!

1.《かわいい女の子草履 11》七五三 着物 3歳 女の子


三歳の女の子用のかわいい刺繍がポイントの草履です。

白のラメの台、赤、ピンク鼻緒に桜の刺繍柄が可愛く、

刺繍の柄は2種類、鼻緒の色は2色から選ぶことができます。

2.《かわいい女の子友禅草履》三歳女の子用草履 柄おまかせ


三歳女児用の鮮やかな友禅柄が美しい草履です。

色系統のみ指定でき、あとはどんな柄が届くかは、お楽しみになります。

その分お値段が安くなっているんですね。

3.七五三 3歳 七五三 草履 七五三の着物


こちらはかかとにゴムがついていて、脱げにくい作りになっています。

小さな子供はどこでも走り回ったりするので、留め具があるのは安心ですね。

かかと留めのゴムは外して使うこともできます。

4.七五三 古典柄草履巾着セット


古典柄の巾着・草履のセットです。

しっかりとした作りで生地にも張りがあり華やかです。

赤・ピンクがあり着物の色に合わせて好きな色を選ぶことができます。

5.子供草履(女の子ぞうり)選べる3色3サイズ★


鼻緒に刺繍が入っているかわいいデザインで、3サイズから選ぶことができます。

3歳用(全長16.5cm かかと部分高さ約4.5cm程度)
5歳用(全長17.2cm かかと部分高さ約4.5cm程度)
7歳用(全長21cm かかと部分高さ約4.5cm程度)

6.七五三 正絹鹿の子草履巾着セット


古典柄の巾着・草履のセットです。

鹿の子部分は正絹で、絹ならではの光沢と品の良さが感じられる素敵なデザインとなっています。

7.七五三 草履 総絞り正絹鼻緒 赤


品のある絹の絞り鼻緒で、足元をかわいい和で演出します。

着物に合わせて3種類の色から選ぶことができます。

8.七五三 草履単品 3歳用 赤地色 宝尽くし文様


七五三の草履にピッタリの赤くてかわいい草履です。

かかとには鈴が入っているので、歩く度にチリンチリンと音が鳴ります。

子供らしくてとても可愛いですよね。

おわりに


いかがでしたか?

子供の草履はできる限り足が痛くならないように、気を付けてあげたいですよね。

せっかくの晴れ舞台、準備を万全にして楽しんでお祝いしてあげたいですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。